翼の折れた白鳥と“おじさん“の奇跡の物語 「私は白鳥」

 秋が深まると北陸・富山県にはシベリアから 800羽を超える白鳥たちが越冬のため飛来し、やがて春が訪れると再び海を渡りシベリアへ帰っていく。
2018年の春、翼が折れて飛べなくなり、たった一羽で富山に取り残された白鳥がいた。それを見つめる一人の男性、澤江弘一さん(当時57歳)。白鳥たちの美しさの虜になり、ビデオカメラでその姿を記録し続けてきた澤江さんは、傷ついて一羽になった白鳥に毎日エサをやり、見守り続ける。「なんとか生きのびて、また冬に仲間の白鳥と再会してほしい」。
けれど自然界は弱肉強食、甘くはない。しかも富山の猛暑を乗り越えた野生の白鳥はこれまで確認されていなかった。あの手、この手、奥の手・・・。
澤江さんと白鳥の命をかけた闘いが続く中、白鳥に全てを捧げる澤江さんが語る。「心の隙間がどういうわけか白鳥の形をしていたようで。」
「私は人間の形をしてますが、自分は白鳥だと思ってます。」「白鳥が白鳥の世話をしているだけなんです。」人間は自然にどこまで介入すべきなのかという葛藤の中、澤江さんは奮闘を続ける。傷ついた白鳥は仲間たちと再会できるのか。そして訪れる奇跡とは。
 傷つきながら過酷な自然界で命を燃やし続ける白鳥と、それに自らを投影し見守りつつ地方都市に懸命に暮らす一人の男性の生き様を通して、現代に生きる全ての人の心に生命の在り方を問いかける傑作が誕生しました。(私は白鳥HPより)

「私は白鳥」は、去年の中部テレビ大賞受賞作品です。
「動物とこどもは、こちらの思い通りにはいかない」とのことばが、放送業界にはありますが、まさにこの作品はその最たるもの。
どこにいるかわからない、どこから飛んでくるかわからない…。
そんなわからない尽くしの中、それでも制作スタッフは、現場に足を運び続け、千載一遇のチャンスをものにし、見ごたえと感動を与えてくれる作品を作り上げました。
 傷ついた白鳥に、そっと寄り添う澤江さん。
その澤江さんに、程よい距離感からカメラを回し続けるチューリップテレビの制作スタッフの皆さん。
そんな人間たちの思惑とは一切関係なく、ありのままに生きる白鳥。
このトライアングルが、絶妙かつ微妙な関係性を見事に描きあげています。
 監督の槇谷さんに伺ったところ、映画の終盤30分は、放送からの「その後」を描いているそうです。
しかし新型コロナの影響で思うように撮影ができず、その部分は澤江さんが撮影された映像を中心に構成されているとのこと。
そのなかで白鳥と澤江さんに、われわれの想像をはるかに超える出来事がいくつもおきて、目が離せない展開になっているそうです。
今回も“まさか”と“奇跡”の連続を、ワクワクしながら待ちたいと思います。
「私は白鳥」は、11月27日(土)から全国公開されます。

(映画 「私は白鳥」公式サイト | 翼の折れた白鳥と”おじさん”の奇跡の物語… (watashi-hakucho.com)